ハルキスト!小泉八雲ファン、近未来ファン必見!宮本修展 アトモスフェア

久々に更新しました!これからまたマイペースでいきます!みなさんとまた交流したいです
よろしくおねがいします

今日アトリエミモザさんにいきました!
オーナーの伊藤さんから頂いたお葉書がとても素敵だったのでいってみたくて~
中に入ると 大きさのさまざまな絵がちりばめられて
普通の個展とは違う趣~
全体のテーマは「アトモスフェア」英語で「雰囲気を意味する」そうです。
ちょうど見学しているとケーブルTVの取材が~

宮本さんとモノクロの作品に取材の方が入ってる様子が
そのままアトモスフェアぽかったのでパチリ
画像


耳をダンボにして取材を受けている宮本さんのこだわりに聞き入る~
「家政婦は聞いた」…

「なつかしい未来なんです。 
年を重ねるごとに現実が(当時の近未来を)追い越してしまう」
と宮本さん

アニメやインドの遺跡などにも触発されたそうです

近未来で大戦後の廃墟の雰囲気がAKIRAをほうふつとさせたり
ガンダムのハロみたいなものやラピュタのロボットのようなものが
わたしには見えてすごくアニメをみているようでした。
※あくまで私の主観です

また村上春樹さんの著作や小泉八雲さんに影響された作品も!
どれでしょう~ハルキストの皆様必見です!



私は この絵が宮澤賢治のイーハトーブや銀河鉄道の夜をイメージしてしまいました
画像


釘付けです

絵に惚れました

祈りの雰囲気を感じます。賢治の「ほんとうの幸い」を探究できるような雰囲気を感じます
この絵を毎日見て新世界交響曲を聞きたいな~というわけでちょっと自分にごほうびしました 

11月4日までです 詳しくはアトリエ ミモザ
http://a-mimoza.com/

よかったらクリックください

人気ブログランキングへ

"ハルキスト!小泉八雲ファン、近未来ファン必見!宮本修展 アトモスフェア" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント